営業(売買担当)

吉田宏明よしだ ひろあき

STAFF INTERVIEW

強みは幅広い提案力、
賃貸・売買の両刀使い

お客様の状況を見極め、
ベストな選択をご提案

前職では10年間、売買仲介をしていました。当社に入社したきっかけは、上司の秋山です。秋山は高校サッカー部の先輩で以前から仲が良く、声をかけてもらいました。

入社の決め手は少数精鋭かつアットホームな雰囲気。働きやすい環境に魅力を感じました。入社当初から賃貸・売買ともに行っていましたが、スタッフが増えてきたこともあり、2020年から売買担当に。現在は賃貸のお客様からの売買案件がメインですが、所有物件の賃貸経営についてもご相談を受けています。

とはいえ、賃貸仲介をしないわけではありません。購入希望のお客様には場合によって賃貸を勧めることも。お話を聞いてみて、お客様にとって購入するタイミングでないとわかれば、まずは気になるエリアの賃貸をご紹介し、周辺環境を知っていただくことをご提案します。

常にお客様の状況を見極めながら、その時々に合ったベストなご提案をすることが私のポリシー。お客様に合わせて賃貸・売買どちらもご提案ができるのが、私の強みだと自負しています。

売買契約は
お客様とのストーリー、
だからこそ得られる
達成感は大きい

売買案件は取扱額が大きい分、責任も重い仕事です。だからこそやりがいもありますし、契約成立時の達成感は他では味わえません。また、売買案件はお客様と過ごす時間も長いので、信頼関係を築けるのも魅力だと思います。

不動産売買はお客様の人生において大きな決断です。それゆえに、お客様が満足する選択を導き出すためには、密なコミュニケーションが欠かせません。長い時間をかけてお客様のご希望をしっかりと汲み取ながら、こちらも正直にお伝えします。そういった過程一つひとつが積み重なったものが契約という形でまとまったとき、頑張ってきて良かったと思えますね。契約はお客様に信頼していただいた証だと思うので、やりきった後に得られる充実感は大きいです。

当社の売買案件は、ありがたいことに賃貸のお客様からのお声がけやご紹介が多い状況です。それだけお客様から信頼を得られていることだと思いますが、一方で新規のお問い合わせが課題となっています。スタッフも増え、今後会社が大きくなっていくことを考えると、新規お問い合わせ数の増加は不可欠。そのためにも、新たなアプローチ方法や集客の仕組みを構築して当社の認知度を上げることが必須です。一人でも多くの方にお越しいただけるように集客力を高めることが目下の目標です。

休日はアクティブ派、感度を高めるために外出へ

学生時代はサッカー部でした。今でも体を動かすことが好きで、休日は友人とフットサルやゴルフに行って汗を流して心身ともにリフレッシュします。

仲間内でコミュニケーションをとる時間が、私にとっては息抜きの時間。当社はスタッフ同士の仲が良く、仕事帰りに食事に行くことも多いです。役職や年次関係なく、たわいもないことから仕事の話まで話せる間柄で、社長と行くことも少なくありません。

気負わない仲であることが、仕事でのチームワークの良さにつながっていると思います。気兼ねなく話せるので、あまりストレスが溜まらないですね。

もともとアクティブで、休日は一人で過ごすにしても外出していることが多いほう。ドライブで景色を眺めたり買い物に行ったりと、何かしら動いています。

不動産業という仕事柄、さまざまなエリアに足を運んで感度を高める習慣が身についているのだと思います。