営業(賃貸担当)

森三穂もり みほ

STAFF INTERVIEW

卓越した着眼力で、
お客様の真意を見抜いてご提案

スケールの大きさに惹かれ
不動産業界へ、
不動産のプロとして
腕を磨く日々

前職は芸能関係の仕事でした。イベントや展示会のご案内など幅広い年齢層の方と接する仕事柄、立ち振る舞いやコミュニケーション力を養うことができました。所属していた事務所にモデルルームの受付業務の依頼がくるようになり、私も受付をすることに。

その後、事務所内の仕事をするようになってからは、直接デベロッパーの方や不動産会社の営業の方と話すことが多くなりました。それが不動産業界に興味を持つようになったきっかけです。開発計画や取引額などどれもスケールが大きく、次第に自分もやってみたいと思うようになりました。それまでの仕事とは全く異なりますが、チャレンジしたい気持ちが強かったので転職を決意。不動産業の全体を捉えたかったので、賃貸・売買どちらも扱う当社に入社しました。

不動産業界は垣間見ていたものの、未経験だったので多少なりとも不安はありましたが、当社は働きやすい環境なので気を負うことはなかったです。縦割りの会社ではないので風通しが良く、自分の意見が言いやすいですし、みんなで話しながら決めていくスタンス。押し付けがなく、最初から自由にやらせてもらえたので自分の業務に集中できました。入社以降は賃貸仲介営業をしながら、売買案件にも携わっています。

最善のご提案を
したいから、
お客様との会話を大切に

営業をする上で意識しているのは、お客様との信頼関係をどう構築していくかです。信頼関係の構築には、お客様に心を開いていただくことが何よりも大切。ご希望をはじめ、こちらに対して足りないと思うところなど、思っていることを忌憚なく話していただけるように雑談を交えて話しやすい空気づくりを心がけています。そういったところで、これまでの接客経験を活かせているのかなと思います。

会話の端々にお客様が求めるものや、欲している情報のヒントが散らばっているので、お客様との会話を楽しみながら、言葉の一つひとつを聞き漏らさないようにしています。日々のやりとりを通して信頼してもらった結果がご契約。私を信じてお任せいただいたときに、この仕事のやりがいを感じますね。お客様と真摯に向き合ってきたからこそ、味わえる達成感だと思います。

今後の目標は、もっと売買案件を担当すること。賃貸仲介もやりがいを感じますが、不動産業界を志すきっかけになった売買仲介にもっと挑戦したいです。取引額に比例して責任も大きくなりますが、賃貸仲介で培ってきた提案力を活かして担当案件を増やしていきたいと思っています。

オンオフのメリハリをつけて、仕事のパフォーマンスを上げる

ワインが好きで、ワインエキスパートという資格を取得しました。品種や産地を見ると、どういう味なのかをイメージすることができます。

数ある中でも好きなのは、自然派ワイン。ナチュールと言われるもので、ナチュールでお気に入りなのはフランス産。白・赤・ロゼ・オレンジどれも美味しいです。

ワインに合う料理を食べているときが至福の時間。会社帰りにお気に入りの飲食店で美味しい食事をすることが、ストレス発散になっています。

休日は自宅でくつろぐときもありますが、出かけるのが好きなので大体は外出して過ごしています。

ショッピングや美容院などでセルフメンテナンスをする時間はモチベーション維持に不可欠。体を動かすことも好きなので、ジムへ行ってトレーニングすることもあります。

また良い状態で働けるように、オンオフのメリハリをしっかりつけています。