課長

秋山大輔あきやま だいすけ

STAFF INTERVIEW

常に現場第一で動く
プレイングマネージャー

不動産仲介一筋
さまざまなエリアで
営業としての腕を磨く

不動産業界に志したきっかけは家業です。不動産業を営んでいることから興味を持ち、この業界に入りました。最初に入社したのは、当社と同じく仲介会社。主なターゲット層は学生で、ここで賃貸仲介のイロハを学びました。どうすればお客様が納得した住まい探しができるのかを念頭に置いて、お客様に響く伝え方や提案力というものを、自分なりに研究してきました。その後1社を経て、現在に至ります。

当社に入社した理由は、自分のレベルアップのため。中央区・港区・品川区・勝どきなどの都心はお客様の年齢層が高く、物件探しには目が肥えているなど、総合的に見てハードルが高いエリアです。そういった新しいフィールドで、これまでの経験を活かして、お客様に最適な住まい提案をしたいと思いました。

また、自分の実力がどこまで通用するのかを知りたかったこともあります。新たな挑戦という意味も込めて、責任ある課長というポジションで入社しました。
あらゆる年齢層のお客様・エリアを経験してきたことが、私の強みだと思っています。

営業目線を忘れず、
みんなで一丸になって
やり遂げるスタンス

現在はお申し込み状況の進捗管理等や営業スタッフのマネジメント業務をしていますが、なるべく現場に出るようにしています。心がけているのは、いかに営業スタッフをサポートできるかどうか。営業スタッフが一人前になって1人で商談できるようになるのはうれしいのですが、ちょっと寂しい気持ちにもなります(笑)。私自身、見ているよりも自分でやりたいほうなので、営業スタッフの成長を見守るだけでなく、一緒にやり遂げたい気持ちが強いと思います。

ペアで動いて商談が決まったときは、やっぱりうれしいです。売買案件は金額が大きいので緊張もしますが、契約になったときは達成感もひとしお。それまでお客様に満足していただけるように頑張ってきたことがお客様に届いたと思うと、やりがいを感じます。

管理職になった今でも、これまでのお客様から直接ご連絡をいただくことも多いです。長いお客様だと付き合いは10年以上。住まい探しとなったときに、私を思い出してくれるのはうれしいですし、だからこそお客様が求めるときに、常に新しい情報を提供できる自分でいたいと思っています。現場から離れるとトレンドなどについていけなくなるので、常に“現場ありき”の自分でいたいですね。
これからも現場第一で、社員みんなと一丸になって会社を大きくしていけたらと思っています。

あらゆる顔の自分を全力で楽しむことが好き

仕事柄話すことが多いですが、もとは人見知りです。働き始めてからしばらくは、お客様との電話でさえも緊張していましたが、たくさんのお客様と話していくうちに、今では人と話すことが好きになりました。

社長や社員と食事に行って話す時間が息抜きにもなっています。当社は社員の仲が良く、社長とも距離が近いのが特徴。社長は公私ともに何でも話せて、自分の中では“兄貴”的存在でもあります。

人と接することも好きですが、一人の時間も好きです。休日は庭でしちりんで魚を焼いたり、晩ご飯の準備をするときは昼から準備を始めたりするときも。自分を一言で表すなら凝り性だと思います。何かに没頭するのが好きで、徹底的にしたくなるタイプ。

炭酸水に凝っていて、炭酸水メーカーを買いました。自分好みの強さに作るのが楽しいです。子どものサッカーの試合を観に行ったり、庭でバーベキューをして家族団欒を楽しんだりする時間も欠かせません。社会人として父として、また自分自身それぞれの時間を満遍なく楽しむことが、モチベーション維持になっているのだと思います。